成績アップ事例&生徒の声

スイングで活躍する子どもたちの、勉強の成果をお伝えする成績アップ事例&生徒の声


Vol.62014年10月号

小澤くん

勉強が出来るようになるステップを論理的に教えてくれます。得意科目・苦手科目の両方で、成績が良くなってきています。


数多くの塾がある中で、スイングを選んで入塾したきっかけはなんですか?

個性的でおもしろい先生がいっぱいいたことが大きな魅力でした。元々は、幼稚園からの幼馴染に「雰囲気が良い」と誘われたのが、スイングに来たきっかけです。先生たちは喋りやすいし、授業もわかりやすい。そして、とても個性的で、「この塾、飽きないなぁ」というのが入塾当初からの感想です。あと、部活の時間と調整をしてくれて通いやすかったです。

スイングで印象に残っていることはなんですか?

「中学のうちは、とにかく、暗記・記憶がすべての勉強に関わってくる。」という、ある先生の言葉がとても印象的でした。自分は英語と国語が苦手なのですが、先生に「英語は単語を覚えよう。国語も漢字をしっかり覚えよう。」と言われました。そして、スイングの単語や漢字のプリントを一生懸命やっていると、自然と成績が上がりました。社会や理科も同様です。

小澤君のスイングとっておき活用法はどういうところですか?

勉強の仕方を論理的に教えてくれるので、そのやり方を覚えることです。苦手科目も、基礎勉強を「これをやれば、これが出来るようになる。」と論理的に教えてくれ、抵抗なく続けられました。あと、3年生の後半で周りに差をつけられないためにも、合宿は重要だと思います。元々、数学は得意でしたが、今回の1位は、合宿で必死に勉強した成果だと思います。

今後の目標はなんですか?

県内トップクラスの高校に行きたいと思っています。姉二人が、結構良い大学に行っているので、自分も同じような大学を目指したいです。部活については、今やっている柔道を続けることも考えたのですが、新しいことにもチャレンジしたいと考えています。軽音楽部も楽しそう。自分の選択肢も広げる為にも、良い高校に行きたいと思っています。


無料体験授業のお申し込み、受講のご相談など、お気軽にお問い合わせください。