勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2021年1月5日

【入試最新動向】大学個別入試 見送る動きも

こんにちは、藤野雄太です。

緊急事態宣言が再び出されることになり、

大学個別入試を見送る動きが出てきそうです。

本日朝日新聞から最新動向をお伝えします!

約10日後に迫った大学入学共通テストは

予定通り行われる見通しだが、

その後の個別試験は予断を許さない。

共通テストは今月16、17日に第1日程がある。

ここで中止したら逆に大パニックになると説明する。

 

個別試験の中止は先例がある。

全国に先駆けて感染が広がった北海道では

昨年3月、北海道大をはじめ各国立大が後期日程を中止。

センター試験の成績で合否を判定する形に切り替えた。

 

大学ごとの個別試験は予断を許さない。

各県に試験会場が置かれる共通テストと違って、

全国から各大学キャンパスへ受験生が移動するため、

感染リスクが高まる。

 

横浜国立大学は受験生の感染リスクを考慮し、

原則として共通テストの成績で合否判定する方針を

昨年7月に決めた。

他の国立大にも、

感染拡大に備え、

個別試験を中止し、

共通テストだけで合否判定する

シミュレーションを始める動きがある。

以上、引用ここまでです。

国公立2次試験に向けて、

必死に勉強してきた受験生にとっては、

中止は、とうてい納得できるものではないと思います。

しかし、まったく先が見通せない状況なので、

何が起きても大丈夫なように万全の対策をとっていきたいですね。