こちらからご相談ください。 "> わが子の才能を見つける方法【個別指導塾スイング戸部校・みなとみらい校より】

勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年2月18日

わが子の才能を見つける方法【個別指導塾スイング戸部校・みなとみらい校より】

こんにちは、藤野雄太です。

藤野は「才能教育家」という肩書きで、
『すごい学習メソッド』という本を執筆しました。

『勉強しなさいと言わずに成績が上がる! すごい学習メソッド』
https://www.amazon.co.jp/dp/4522434979
 
私は才能教育の専門家なのですが、
子どもの才能を発掘する際に重視することが2つあります。

それは、「言われなくてもかってにやっている行動」と「遺伝」です。
 
1つ目の「言われなくてもかってにやっている行動」とは、
要は子どもが何が好きなのかを知るための質問です。

好きなことは記憶をつかさどる海馬が刺激されるため記憶に残り、さらに中毒性が高いため上達が早いです。
 
もし、あなたが「わが子には、才能なんてないかも」と思ってしまった時は、
子どもの「言われなくても、かってにやっていること」を書き出してみてください。
これが才能発掘の大きなヒントとなります。
 
2つ目は「遺伝」。
一般的に知能の遺伝率は55%、45%は環境の影響と言われています。

『進化と人間行動』(長谷川寿一、長谷川眞理子・著)によると、
身長、体重などの遺伝率は、身長が86%、体重が80%、8割から9割と極めて高い数値です。
親と子どもは似た体型になるものです。
 
知能の遺伝率は55%ですが、学校の勉強に関しては、

国語40%
算数40%
社会34%
理科38%

と、だいたい4割くらいです。
加えて、「家庭環境」が3割、「個人的な体験の影響」が3割。
 
私たち指導者は、子どもの遺伝率の4割を変えることはできませんので、
環境(3割)と本人の頑張り(3割)に、いかに影響を与えるかが勝負です。
 
そして、4割もの遺伝要素を有効活用するために、
私は必ず両親の職業や得意なことを子どもに質問します。

 
私たち大人は、人間は努力すれば、
何でもできるものだと思ってしまいがちですが、実際に人間の能力は極めて限定的です。

できることは限られています。
DNAに逆らうことはできません。

子どもならば、尚更そうです。
何かができるということは、何かができないこと。

子どもに全てにおいて、
平均以上を求めることは、才能科学的には間違った子育てです。

苦手科目を平均以上にすることに、
エネルギーを割いてしまうと、最も大切な才能の芽を摘んでしまいます。
 
だからこそ、子ども一人ひとりに眠っている才能を、
私たち指導者や親がしっかりと開花させてあげたいものですね。

子どもたちが、将来に幸せな未来を手に入れるためにも。

________________________________

個別指導塾スイング 戸部教室・みなとみらい教室
新年度生徒を募集中です。

お子様の「勉強のやる気」でお悩みの方は、
ぜひ、こちらからご相談ください。