勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年10月6日

【親必読】将来、お給料が上がる仕事は3つのみ

こんにちは、藤野雄太です。

親が我が子に望むこと。

それは将来、

食いっぱぐれないでほしい

ということではないでしょうか。

 

では、子どもが将来どのような職業につけば、

お給料を上げることができるのでしょうか?

今日は、そのヒントをお伝えしますね。

子育て保護者に、

ぜひ知っていただきたいバリューが高い最新情報です。

出典は、

2030年日本の針路』江川昌史、藤井篤之・著 日経BP

です。

 

本書はALM職業区分に基づき、

2030年の労働力需給を予測しています。

ALMとは米国労働省が運営する、

約1000種類の職務についての求人情報データベースから

各職業に対して求められるスキルを特定し、

職業を「定型的」か「非定型的」か、

「知的作業」か「身体的作業」かなどの観点から

5つに分類したものです。

以下、引用です。

 

非定型分析業務

高度な専門知識を持ち、

抽象思考の下に課題を解決する業務。

自然科学研究者、化学技術者、システムコンサルタント など

 

非定型相互業務

高度な内容の対人コミュニケーション

を通じて価値創造・提供する業務で、

交渉・管理・助言・などの行為が特に重視される。

学校教員、看護師、営業職従事者、裁判官・検察官・弁護士など

 

非定型手仕事業務

それほど高度な専門知識を要しないが、

定型的ではなく、状況に応じて

個別に柔軟な対応が求められる身体的作業。

医療・福祉施設職員、訪問介護従事者、理容・美容師など

 

定型認識業務

あらかじめ定められた基準の

正確な達成が求められる事務的作業。

総合事務員、受付・案内事務員、電話対応事務員、会計事務従事者など

 

定型手仕事業務

手作業あるいは機械を操縦しての

規則的・反復的な生産作業。

農耕従事者、自動車組み立て従事者、金属製品検査従事者、配達員、ビル清掃員など

 

この区分に基づき、

2030年までの労働力需給をシミレーションしたところ、

2030年には定型業務が780万人の供給過多となる。

その一方で、

非定型業務は470万人の供給不足になると見込まれる。

 

5つの職業区分の中でも、

特にこれまでホワイトカラーの多くを占め、

正確性が重要視され一定の賃金が保証されてきた

「定型認識業務」の需要の減少が著しい。

以上、引用ここまでです。

 

まとめると、

今後のAI社会では賃金格差の二極化が激しく進み、

給料が上がる仕事は、

非定型業務の3つのみということです。

 

注目すべきは、

日本の教育がこの変化に全く対応できていないことです。

いまだに、決まりきったことを正確にこなす能力を育てる、

「定型業務養成カリキュラム」となっています。

どこを切っても同じキンタロー飴人材を育成しています。

これは、工場で大量生産する19世紀の教育モデルです。

 

教育では、

定型的学力(答えがある問題を解く力)だけではなく、

非定型的学力(答えがない問題を解く力)も育てなければ、

子どもに未来はありません。

 

経済は、テクノロジー系人材や、

何らかの分野に特化した人材が欲しいのですが、

その供給が圧倒的に不足しています。

 

スイングが探究授業に力を入れているのは、

そのためです。

 

もちろん、仕事で大切なのは、

「給料」より「やりがい」だと思います。

ただ、藤野は欲張りなので、

子どもたちには両方を手に入れてもらいたいと願っています。

次世代教育では子どもの未来を考えた、

「戦略的学習」が必要です。

将来食いっぱぐれない子どもを育てるためにも、

参考にしてみてください。

 

 

お子様に将来食いっぱぐれない勉強をさせたい方は、

ぜひスイングの体験授業にお申込ください!

お問合せはこちら!
https://swing-jyuku.jp/taiken/

 _____________________
<体験受付中>

個別指導塾スイングでは、
教室授業・オンライン授業ともに体験生を受付中です。

対象:小1〜高3

・個別指導コース

・探究授業コース

MM学童コース

お問合せはこちら!
https://swing-jyuku.jp/taiken/

日本全国、海外の生徒もスイングのオンライン授業を受講しています。