勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2022年5月17日

【探究授業】:いちからわかる 沖縄復帰50年 PART1 沖縄の歴史 〜朝日新聞・歴史〜

こんにちは、藤野雄太です。

本日の探究授業動画はこちら!

https://youtu.be/h82jLhlIBJU

沖縄が日本に復帰して515日で50年になりました。

沖縄は、かつては琉球王国と呼ばれ日本とは別の国でした。

明治時代に日本の一部になり、第二次世界大戦で日本が戦争で敗れた後、

1945年からはアメリカが統治しました。

沖縄が日本に復帰したのは27年も過ぎた1972年でした。

沖縄復帰とは何を意味するのでしょうか?

【朝日新聞】

Q 「復帰」って何のこと?

A 沖縄は戦後27年間、米軍の統治下に置かれました。日本国憲法が適用されず、立法・行政・司法といった施政権は米国が握っていました。その施政権が1972515日に日本に返還されたことを、沖縄の日本復帰と呼んでいます

Q どうして米国に支配されたの?

A 日米が戦った太平洋戦争の末期、沖縄では激しい地上戦が行われました。

日本は本土への上陸を遅らせようと、沖縄で時間稼ぎの作戦を立て、戦闘が長引いた結果、県民の4人に1人が亡くなったと推計されています。

米軍は沖縄本島などを占領し、日本本土への出撃拠点としました。

 19458月に日本は無条件降伏を受け入れ、米国を中心とする連合国に占領され、米軍は全国各地に駐留しました。

その後、日本は米国などと結んだサンフランシスコ講和条約1952年発効)によって独立を回復しますが、沖縄は、奄美(53年復帰)や小笠原(68年復帰)とともに日本から切り離されました。

Q 米軍統治下の沖縄ではどんなことが起きたの?

A 東西冷戦の時代、米軍は沖縄を「基地の島」「太平洋の要石」として軍事拠点化しました。

外形的には軍政府を民政府に衣替えしましたが、53年には、持ち主の同意なしに土地を接収できる「土地収用令」を公布。

武装兵が住民を強制排除し、ブルドーザーで田畑や家屋をつぶして基地に変えていきました。その強権ぶりは「銃剣とブルドーザー」と呼ばれます。

Q 復帰は、どうやって実現したの?

A 強制的な土地接収に対する「島ぐるみ」の運動など、米軍の圧政に対し、住民は声を上げ続けました。60年に教職員や様々な住民組織によって「沖縄県祖国復帰協議会」が設立され、復帰運動が本格化します。

Q 50年が経って、問題は解決したの?

A 現在も、全国の米軍専用施設の7割が、国土面積の06%しかない沖縄に集中するなど、復帰時の問題は残されたままです。

 米軍に「特権的」ともいわれる地位を認めた日米地位協定によって、米軍が関係する事件事故は捜査に制約がかかり、司法が違法と何度も認めているにもかかわらず米軍機の騒音被害は制限できません。

近年は、環境汚染や感染症でも、協定によって原因究明や対策が妨げられる事態も発生しています。

 「真の復帰とは何か」。そうした議論が今も続くゆえんです。

【語句の意味】

★復帰(ふっき): もとの場所・地位・状態などに戻ること。

★統治(とうち):おさめること。主権者が国土および人民を支配すること。

★主権(しゅけん):その国家自身の意思によるほか、他国の支配に服さない統治権力。

国家構成の要素で、最高・独立・絶対の権力。統治権。

[広辞苑 第七版]

_______________________________

無料相談・体験授業のご案内

(オンライン対応、全国で受講できます!)

お子様の勉強の意欲、成績、進路などでお悩みではありませんか?

まずは、お気軽に無料相談にお申込みください。

個別指導塾スイング、MM学童は知的好奇心を高める授業で、

お子様の勉強の意欲を引き出し、思考力・判断力・表現力を育てます。

(対象:小1から高3)

<体験・入会までの流れ>

下のフォームから問合→無料相談面談→体験授業

個別指導塾スイング・MM学童への

体験・お問合せはこちら!

https://swing-jyuku.jp/taiken