勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年2月17日

横浜市立老松中学校・定期テスト傾向と対策<2020年後期期末・中2英語>【個別指導塾スイング戸部校・みなとみらい校より】

老松中学校 2年後期期末試験 傾向と対策【英語】

難易度分析で用いる記号
A:教科書・ワークの抜き出しレベル
B:教科書・ワークから単語を変えただけ程度レベル
C:教科書とは違う形式のもの
D:記述力が必要なもの
E:教科書を逸脱したレベルのもの
→A・Bは教科書とワークを練習すれば対応可能
→C・Dは教科書の内容を理解し、自分で組み立てる必要がある
→Eはハイレベルの問題集に多く当たることが大切

▶︎試験範囲
① 不定詞
② 比較級・最上級
③ 1年の復習

【① 理解の能力(聞く)】
問1:レベルB、問2-3:レベルA、問4:レベルC

★傾向
問1―3は単語を聞き取れれば解ける問題、問4は長めの英文とそれに対する質問を理解した上で正しい答えを選択する問題。

★対策
問1-3は数字や単語を正しく聞き取れれば解ける問題。そこまで難しい単語が使用されているわけではないので、点を取りやすい問題です。問4は英文プラス質問を聞き取り、理解したうえで正しい答えを選択しなくてはいけないので少し難易度は高めです。
しかし、内容は教科書で使われている文法が中心になっているので教科書本文の音読や暗唱を普段からやっていれば正解しやすいと思われます。

【② 理解の能力(読む)】
問1-5:レベルB、問6:レベルC

★傾向
どれも文法の理解を問う問題。
英文を読み、空欄に入る正しい単語を選択する、下線部の正しい日本語訳を選択していく問題です。

★対策
長めの英文になっていますが、内容は教科書に出てきた文章をもとにして作られているので、教科書本文がしっかり頭に入っていれば答えられるものだと思われます。
問6も同じく文章問題を読んでから答えていく問題ですが、内容的に今回の範囲ではないので復習問題だと思われます。
疑問詞や場所を表す前置詞など基礎的な内容ですが、覚えていないと解けない問題なのでテスト前だけでなく、普段からこまめに復習をする必要があります。

【③ 言語・文化の理解】
問7-9:レベルB

★傾向
問7は並べ替え問題(不要単語1字有)で、問8は()内の単語を適する形に変えるもの。
問9は単語の穴埋め問題。

★対策
問7-9は、それぞれ問題形式は異なりますが、どれも教科書本文の暗唱に加えワークをしっかり解き、文法をおさえておけば確実に解ける問題。
特に、並べ替えや形を変える問題は教科書本文を読み込み、文の形を頭に入れておくことが大切になってきます。単語の穴埋めに関しても、最初の一文字が提示されているかつ、教科書本文の英単語で学習しているものなので、点を落としたくない問題です。

【④ 表現の能力】
問10:レベルC

★傾向
質問に対する自身の考えを英文(1文につき3語以上)で答える問題。

★対策
質問文には比較級の文法が使われています。
英作文となると焦ってしまう生徒が多いですが、教科書本文の暗唱が出来ていれば、その知識を使ってある程度は書くことが出来ると思われます。
また、英作文は部分点がもらえるので諦めて無回答にするのではなく、自分のわかる範囲で少しでも書くことが重要です。

________________________________

個別指導塾スイング 戸部教室・みなとみらい教室
新年度生徒を募集中です。

お子様の「勉強のやる気」でお悩みの方は、
ぜひ、こちらからご相談ください。