勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年2月16日

横浜市立老松中学校・定期テスト傾向と対策 <2020年後期期末・中2数学> 個別指導塾スイング戸部校・みなとみらい校

こんにちは、藤野雄太です。

老松中学の皆さん、
後期期末テストお疲れ様でした!

今回テストの傾向と対策をアップしますので、
皆さんの定期テスト勉強に振り返り、今後の対策に役立ててください!

___________________________________

老松中学校 2年後期期末
テスト分析(数学)

難易度分析で用いる記号
A:教科書例題レベル
B:教科書例題レベルだが、数字などをややこしくしているレベル
C:章末問題レベル
D:章末問題を元に考える応用問題
E:教科書レベルを逸脱した問題
→A・Bは教科書が一通り解ければ解答できる
→Cは章末問題を理解して解く事が必要
→Dは教科書より一つ上のレベルの問題集を解くと良い。

問1 レベル:A
教科書の用語確認と、その応用を測る問題。教科書を読んでおけば完答できる。

問2 レベル:(1)~(3)…A (4)~(6)…B
 基本的な文字式の計算問題。(4)~(6)は分配法則や複雑な文字式の計算に慣れておく必要がある。

問3 レベル:A
 中1範囲の方程式問題。基礎的な内容ではあるが分数や小数を含んだ場合の計算方法も理解しておく必要がある。

問4 レベル:(1)~(3)A (4)のみB
 連立方程式の計算問題。(3)までは教科書の例題と同じレベルであり、教科書の問題が解けるようになっていれば問題なく解答できたはずだ。(4)に関しては初見の人にとっては苦戦しやすい問題なので、学校ワークで解き慣れる必要がある。
 
問5 レベル:(1)~(2)…A (3)~(5)…B (6)…C
角度を求める問題。前半の3問は教科書の例題レベルなので最低でもこの3問は取っておきたい。また、教科書の基本のまとめから類題出されている。後半の3問は学校ワークでも類題が特に見られなかった為、本番での発想力、今までの演習量が試される。

問6 レベル:A
合同条件を記述する問題。知識を問う問題の為確実に正答したい。
教科書に類題もあるので対策を行いやすい。
問7 レベル:C
平行四辺形の性質を問う問題。こちらは知識だけでなく実際に書かれている図形の辺や角度を使いこなさなければならないので、やや難易度が高い。学校ワークで一度解き慣れる必要がある。

問8 レベル:B
平行四辺形を用いた図形の問題。相似の知識があれば即座に解ける問題であるが、未学習の人がほとんどのため解きにくい印象がある。教科書p150に類題があるので一度解いているかが解答の可否を分ける。

問9 レベル:B
合同を証明する穴埋め問題。誘導形式の問題は学校ワークを中心に対策することで正当につながるであろう。たとえ完答できなくても問題によってはかなり易しいものもあるので、諦めずに部分点を狙っていくべきである。教科書p150に同様の問題がある。

問10 レベル:B
 直角三角形の証明問題。記述式ではあるが問われている内容はそこまで難しくない。この問題をきちんと解けている人は証明の書き方が身に付いていると言って良いだろう。

問11 レベル:C
 立体を用いた平行四辺形の証明問題。初見の人にとっては難しく見え、手を付けずにとばしてしまう人もいるだろう。しかし学校ワーク、教科書p150に類題があり、誘導形式な為最低でも部分点を獲得することが得策である。

問12 レベル:D
 同じ面積の三角形を探す問題。ここからは学校ワークの応用問題で対策を行わないと回答は困難である。類題も1問しかないので、普段から丁寧に問題を解いているかが試される。

問13 レベル:B
 等しい面積になるように作図する問題。やや高度な内容が問われているが、等積変形を理解していれば簡単に感じるだろう。類題はないが8割以上を目指す人にはできてもらいたい問題。

問14 レベル:(1)~(3)…A (4)~(5)…B
 基本的な確率を問う問題。(1)~(4)は教科書の例題、(5)は学校ワークで補える。
最後の大問にもかかわらずかなり易しい問題である。「時間が足りずに解き終わらなかった。」なんてことが起こらないように注意する必要がある。

________________________________

個別指導塾スイング 戸部教室・みなとみらい教室
新年度生徒を募集中です。

お子様の「勉強のやる気」でお悩みの方は、
ぜひ、こちらからご相談ください。