勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年11月2日

老松中学テスト傾向と対策 2020年前期期末テスト 中2英語

老松中学校2年 前期期末試験 傾向と対策【英語】

難易度分析で用いる記号
A:教科書・ワークの抜き出しレベル
B:教科書・ワークから単語を変えた程度のレベル
C:教科書・ワークとは違う形式のもの
D:記述力が必要なもの
E:教科書を逸脱したもの
→A・Bは教科書とワークを練習すれば対応可能
→C・Dは教科書の内容を理解し、自分で組み立てる必要がある
→Eはハイレベルの問題集の多く説くことが大切

▶試験範囲
1 動詞の過去形
2 think構文
3 when構文
4 there are構文
5 未来形

【大問1】
(1):C (2):C (3):C (4):C (5):C

【傾向】
リスニング問題。内容一致問題。

【対策】
単語を覚えることと、英語を聞くことに慣れておく必要がある。

【大問2】
(1):C (2):C (3):C (4):C (5):C (6):C (7):C (8):C 
(9):C 

【傾向】
リスニング問題。内容と絵があっているかの○×問題。

【対策】
単語を覚えることと、英語を聞くことに慣れておく必要がある。

【大問3】
(1):C (2):C (3):C (4):C (5):C (6):C

【傾向】
リスニング問題。選択肢は文章。会話の最後に適切なものを選択する。

【対策】
単語を覚えることと、英語を聞くことに慣れておく必要がある。

【大問4】
(1):A (2):B (3):A (4):B、D

【傾向】
読解問題。教科書本文と全く同じものが出題されている。

【対策】
教科書の内容を覚えていれば容易に点数が取れる。

【大問5】
(1):C (2):B (3):B (4):B (5):C

【傾向】
文法問題。穴埋め形式。単語の頭文字が与えられている。

【対策】
答えのほとんどがテスト範囲内にでてくる単語のため教科書だけでも得点できる。

【大問6】
(1):B (2):B (3):B (4):B (5):C

【傾向】
文法問題。穴埋め形式。単語の頭文字は与えられていない。また、穴埋めも一つとは限らない。

【対策】
ほとんどが教科書にのっているイディオムのため教科書だけでも得点できる。

【大問7】
(1):B (2):B (3):B

【傾向】
読解問題。教科書本文からではない。内容の難易度は教科書本文程度。(1)(3)は文中から適切なものを抜き出す問題。(2)は単語の穴埋め。

【対策】
教科書本文の抜き出しではないため、学校ワークや新演習を使用して長い英語の文章を読むことに慣れる必要がある。

【大問8】
(1):C、D (2):C、D (3):C、D

【傾向】
読解問題。教科書本文からではない。内容の難易度は教科書本文より少し上。すべて質問に英語で答える必要がある。

【対策】
教科書本文の抜き出しではないため、学校ワークや新演習を使用して長い英語の文章を読むことに慣れる必要がある。

【大問9】
(1):B (2):B (3):B (4):C (5):B (6):C

【傾向】
文法問題。並び替えで選択肢の中に一つ使わない単語が混ざっている。

【対策】
問題の半分くらいは教科書本文の書きかえのようなものだが、もう半分は違うため、学校ワークなどの問題集も解く必要がある。

【大問10】
(1):B (2):B (3):B (4):B (5):B (6):B

【傾向】
文法問題。単語を文に合うように形を変える。

【対策】
教科書や学校ワークを解いていればできる問題であるため特に対策はない。

【大問11】
(1):B (2):B (3):B (4):B (5):B (6):B

【傾向】
文法問題。4択問題。

【対策】
教科書だけでも得点できるが学校ワークや新演習を解いた方が良い。

【大問12】
(1):D (2):D (3):D (4):D (5):D

【傾向】
作文問題。それぞれ指定された語数以上で書く必要がある。

【対策】
教科書や学校ワークを解いていればできる問題であるため特に対策はない。

【大問13】
D

【傾向】
作文問題。指定された条件で書く必要がある。

【対策】
教科書や学校ワークを解いていればできる問題であるため特に対策はない。

教科書だけで41点は得点できる。作文問題が19点分あった。