勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年11月2日

老松中学テスト傾向と対策 2020年前期期末テスト 中1英語

老松中学校 1年前期期末テスト 傾向と対策[英語]

◎難易度分析で用いる記号
A:教科書・ワークからの抜き出しレベル
B:教科書・ワークから単語を変えただけ程度のレベル
C:教科書・ワークとは違う形式のもの
D:記述力が必要なもの
E:教科書を逸脱したレベル

◎試験範囲
・I am~. /You are~.の文(否定文・疑問文)
・This[That] isの文
・He[She] isの文
・What is~?の疑問文
・一般動詞
[問1]
リスニングテストのため省略

[問2]会話文読解
①:レベルC ②:レベルB ③:レベルC

傾向
ワークとは違う形式の読解問題だが、文中の単語と文法は教科書と学校ワークの中から出題されている。

対策
①・③の問題は、会話文の内容を理解しないと解けない問題だが、文中の英語は教科書と同じ表現が用いられている為、本文暗唱を行えば理解できる内容である。また、②の問題は学校ワークにも載っている為、学校ワークを復習しておくべきである。

[問3]単語補充
1~18:レベルA

傾向
語群なしの単語補充の問題である。②⑤⑥⑦⑧⑩は教科書と同じ表現が使われている問題であり、①③④⑨⑪は学校ワークとほぼ同じ問題となっている。

対策
語群から選ぶのではなく自分で記述する問題の為、本文書き取りテストと単語テストを行い、正確に綴りまで覚える必要がある。

[問4]選択肢の中から正しい語を選ぶ
①~④:レベルC

傾向
動詞や名詞の形によって単数形と複数形を区別する問題である。学校ワークには問題として載っていないが、教科書のTry It! に載っている問題である。

対策
学校ワークに類似問題が載っていないため対策がしにくいが、リスニング問題として教科書に載っている為、学校の授業で行うはずである。学校の授業をよく聞いて復習することが必要である。

[問5]英作文
①~④:レベルB

傾向
①~④それぞれ絵が描いてあり、「私は~をする」という意味の英文を作る問題である。語群がない為単語の綴りを覚えていないと解けない問題であるが、学校ワークに出ている問題とほぼ同じである。

対策
ほぼ学校ワークから出題されている問題である為、学校ワークを何度も解くことが必要である。また、基本的な文法のルールが身についていないと解けない問題である為、本文暗唱を行うことも効果的である。

[問6]選択肢の中から正しい語を選ぶ
①~⑥:レベルB

傾向
①~③は文に応じて正しい形の代名詞を選択する問題、④~⑥は文に応じて正しい動詞を選択する問題である。

対策
①~③の問題は得に、学校ワークで取り上げられていない問題なので、本文暗唱で代名詞の形を覚える必要がある。④~⑥の問題は学校ワークから出題されている為、学校ワークの問題を何度も解いて身に着けることが求められる。

[問7]不要な語を抜き取る語順整序
①~⑥:レベルB

傾向
語群を見て不要な語を抜き取り、並べ替える問題である。①~③の問題は、教科書とほぼ同じ形で出題されている。④~⑥の問題は学校ワークの問題から出題されている。

対策
④~⑥の問題はbe動詞と一般動詞を区別する問題である為、文章によって動詞を使い分ける練習をする必要がある。また、教科書本文とほぼ同じ形で出題されている為、この問題も、本文暗唱を行うことが効果的である。

[問8]書き換え問題
①~⑦:レベルD

傾向
日本語の文章を英語の文章に書き換える問題である。教科書と同じ表現が使われている上、語数指定がある為難易度が高いわけではないが、教科書中に出てくる単語を覚えている必要がある。また、範囲であるUnit1~Unit4の文法がまんべんなく出題されている。

対策
ほぼ教科書本文内の文法と同じ形式である為、本文書き取りを行うことが効果的である。

[問9]会話補充問題
①:レベルA ②:レベルA

傾向
意味の通る会話文になるよう語群の中から英文を選択する問題である。登場人物の名前は変わっているが、教科書本文と全く同じ形である。

対策
そのまま教科書本文から出題されている為、本文暗唱をやっておく必要がある。