勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2020年2月17日

横浜市立岡野中学校・定期テスト傾向と対策 <2020年後期期末・中2英語> 【個別指導塾スイング戸部校・みなとみらい校より】

岡野中学校 2年後期期末試験 傾向と対策【英語】

難易度分析で用いる記号
A:教科書・ワークの抜き出しレベル
B:教科書・ワークから単語を変えただけ程度レベル
C:教科書とは違う形式のもの
D:記述力が必要なもの
E:教科書を逸脱したレベルのもの
→A・Bは教科書とワークを練習すれば対応可能
→C・Dは教科書の内容を理解し、自分で組み立てる必要がある
→Eはハイレベルの問題集に多く当たることが大切

▶︎試験範囲
① 不定詞
② 比較級・最上級
③ 1年の復習

【① 理解(聞く)】
問1:レベルC

★傾向
ア、イともに話している内容を聞いて、適する答えを選択する問題。
イに関しては話している内容に加え、質問に適するものを選ばなければいけない形式。

★対策
リスニングで使われている文法はどれも教科書本文で使われている文法ですが、英語に耳が慣れていないと、リスニング問題は混乱してしまいがちです。
普段から声に出して英語を読み、耳を慣らすことを心掛けるとリスニング問題で点が取れるようになります。
また、リスニング問題は聞く前に問題をよく読み、何を問われるものなのかを想定すると正答率はアップします。

【② 知識】
問2:レベルA、問3-5:レベルC

★傾向
教科書本文に載っている英単語をそのまま答えるものや、学校で習った文法を使った並べ替えや書き換えの問題。

★対策
問2は教科書本文に出題されている英単語を答えるだけのものなので、確実に点を取るべき問題。
問3は以前習った文法の並べ替え問題で、難しい文法は使われていませんが、テスト前に復習しておきましょう。
問4-5は今回のテスト範囲の文法が使用されていますが、自分で英文を書き換える必要があるので、ただ教科書本文を丸々暗記しているだけではなく、文法のルールなども併せて、頭にいれておくことが必要。

【③ 表現】
問6-7:レベルD、問8:レベルC、問9-10:レベルD

★傾向
日本文から英文に書き換える問題、絵を見て英文を作る問題、条件に沿って英文を作る問題など英作文中心の構成。

★対策
問6-7は今回のテスト範囲に含まれている文法を使って解くことが出来る問題ですが、ヒントなどは何もなく、1から10まで自身の力のみで書かなければなりません。
難しいと感じる生徒が多かったのではないでしょうか。
問8は単純な質問に対して答えるだけなので点は取りやすいです。
問9-10は条件付きの問題なので見落としに注意する必要があります。
どの問題も教科書本文を暗唱していれば、ある程度対応可能です。
しかし、テスト全体の中間部分にこのレベルの問題が来ると、残りの問題に割く時間や集中力が不足してしまう可能性もあります。
それなので、悩んだ場合は、あまり時間をかけず簡単な問題で確実に点数を稼ぐことも必要です。

【④ 理解(読み)】
問11-12:レベルB、問13-14:レベルC

★傾向
英文を読み、質問に答えていく問題や、英文を並べ替えていく問題など文法や単語の知識が問われるもの。

★対策
問11の英文は教科書本文が丸々出ているわけではありませんが、少し内容が変わっているだけなので、教科書本文に出ている文法をしっかり理解していれば、読むのに苦労しないはず。
またその後の問題形式も学校ワークを解いていればある程度対応できます。
問13、14は今回のテスト範囲に含まれている文法が使われていますが、読む量がやや多く、さらに読んだ上で内容を細かく理解し、問題に答えていく必要があるので時間がかかる問題です。
教科書本文を丸々暗記しているだけでは答えることが出来ないので、文法のルールも確実におさえておく必要があります。

※全体的に問題量が多く難易度も高めなので、確実に答えることの出来る問題から優先して解いていくことが重要です。

________________________________

個別指導塾スイング 戸部教室・みなとみらい教室
新年度生徒を募集中です。

お子様の「勉強のやる気」でお悩みの方は、
ぜひ、こちらからご相談ください。