勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2021年2月22日

【挑戦】子どもに将来の夢や目標を持たせる授業「やる気ファイアーホームルーム」をリリースします

こんにちは、藤野雄太です。

今日は北海道教育委員会が発表した、「目標を持つ子どもが減っている」という残念な調査結果をご紹介します。

 

子どもに勉強のやる気がないとしたら、

多くの場合は将来の夢や目標がない(=勉強の目的・目標がない)からです。

大人も子どもも目標がないものには頑張ろうという意欲が湧いてきません。

ではなぜ、子どもが目標を持てなくなっているのか。

以下、本日の日経新聞からの引用です。

将来の夢や目標を持つ児童生徒の割合が、

新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて減っていることが、北海道教育委員会の調査でわかった。

 

2020年811月、札幌市以外の道内の公立小中学校に通う全児童生徒を対象に調査し、9割以上から回答を得た。

 

「将来の夢や目標を持っているか」との質問に「当てはまる」と答えた小学生は56.0%、中学生は43.6%だった。

 

19年度と比較すると小学生は8.2ポイント減、中学生は2.1ポイント減で、いずれも調査を開始した07年度以降で最低となった。

道教委の担当者は「休校が長期化し、同級生らとの関係の中で目標を見つける機会を十分に得られなかった」と推測する。

以上、引用ここまでです。

目標を持てなくなっている理由に休校の長期化が挙げられています。

ここに大事なポイントがあります。

 

それは、目標や目的は子ども自身の中から自然発生するのではなく、

他者との関わりの中から生み出させるものだということです。

(エネルギーが高い人との接触)

 

子どもは自分で自分を客観視することはできません。

他者との関わりの中で自分のアイデンティティが少しずつ明らかになってくるものです。

 

例えば、スイング名物の「5科目100点アップ」。

皆、驚くのですが、期間中に手取り足取りの指導はあまりしません。

なぜならば、自分の成績を上げることができるのは自分自身しかいないからです。

やるのは、ただ1つ。

子どものやる気に火をつけて、学校成績アップで日本一と言われている秘伝の勉強ノウハウを与え、自分から学ぶことができる環境を用意するのみです。

 

全員がテスト2週間前から毎日一緒に教室やオンラインで勉強することにより、

まわりの仲間や先生から刺激を受けて徐々に目標や目的が生まれてきます。

それが2週間毎日(約50時間)勉強を頑張れる原動力となります。

成績を上げるために最も必要なことは勉強を教えることではありません。

子どもが頑張ろうという気持ちになる夢や目標を持たせることです。

 

藤野自身、学校や塾は科目指導ばかりして、

最も大切な授業をしていないことに疑問を持ってきました。

そこで、この春から子どもたちに夢や目標を持ってもらうための、

特別授業をスタートさせます。

それは、「やる気ファイアーホームルーム」という、

子どものやる気に火をつける授業です。

毎週月曜19時から行います。

子どもに勉強のやる気がないとしたら、それは子どもの責任ではありません。

大人が勉強のやる気の源となる、夢や目標を持てるようになる授業をしていないからです。

コロナ禍で多くの子どもたちが将来の夢や目標を失っている今だからこそ、

子どものやる気に火をつけて、

その火を燃やし続ける授業をしていきます。

もちろん、オンラインでやるので日本のみならず世界どこでも受講可能です。

スイングの体験授業をご希望の方は、今すぐ、お問合せください!

_______________________________

個別指導塾スイング、MM学童では思考力・情報処理能力、読解力

を重視した授業を小1から高3まで提供しています。

個別指導塾スイング・MM学童への

体験・お問合せはこちら!

https://swing-jyuku.jp/taiken