勉強しなさいと言わずに成績が上がる!

すごい学習メソッド

2024年6月11日

いつも「成功する子」と「失敗する子」

こんにちは、藤野雄太です。

なぜ、子どもは学校や塾で同じ授業や指導を受けているにもかかわらず、「成功する子」と「失敗する子」に分かれるのでしょうか?

 

これは子どもに限った話ではないのですが、いつも成功する人は全体の5%だと言われています。

95%はいつも失敗する人です。

 

いつも失敗する子は、成功する子は才能や能力があるから成功すると考えています。

しかし、それは誤った考え方です。

 

藤野はスイングを創業して以来20年間、古今東西あらゆる分野の偉人や成功者を研究してきました。

その結果、わかったこと。

それは、成功する人は成功するための条件として4つの力をもっていることです。

 

. 継続力

. 熱中力

. 学ぶ力

成功技術

 

 

1. 継続力

何ごとも継続なしに成長することはできません。

いくら熱中しても、お子様に続ける力がなければ線香花火で終わります。

スイングは継続力を養うために「やる気ファイヤー手帳」という日記を生徒に記入してもらっています。

 

. 熱中力

どんなことでもかまいません。

(動画やゲームなど第三者により意図的に中毒にさせられるものは別)

お子様には熱中できるものがありますでしょうか?

お子様が成功するためには、どんな分野であっても熱中するほど頑張る必要があります。

しかし、今までに熱中したことがない子どもはが、いきなり熱中することはできません。

ですので、まずは熱中できることを探して、熱中力を養います。

 

. 学ぶ力

学ぶ力がない子どもは、毎回同じ失敗をくり返します。

成功する子は、やみくもに練習や勉強をしません。

目的意識をもち、学び続けることにより成功に辿りつきます。

学ぶ力は考える力なので国語力(語彙力+読解力+表現力)を強化することにより高まります。

 

4. 成功技術

成功は技術です。

才能ではありません。

どんな子どもでも身につけることができます。

ただ、問題は学校や塾で成功技術を教えてもらえないことです。

 

成功技術は一度身につけたら毎回反復して使うことができます。

成功者がいつも成功するのはそのためです。

 

成功技術には多くの要素がありますが、

そのなかでも「目的・目標」や「振り返り」はとくに大切です。

やる気ファイヤー手帳には毎日の勉強内容の目標と振り返りを記入する欄がありますが、まだ成功していない子どもほど、この項目をカットする傾向があります。

 

お子様が勉強や他の分野で成功するためには、

継続力・熱中力・学ぶ力・成功技術の4つが不可欠です。

逆に言うと、これらの4つの力がない状態で勉強や練習をいくらしても、

お子様の成功確率は極めて低くなります。

まさに、昔の藤野がそうでした。

 

勉強だけを教えても子どもの成績は上がりません。

スイングが使用しているやる気ファイヤー手帳は、

毎日記入することにより4つの力が育ち、

「いつも成功する子」のトップ5%に育つように作られています。

 

再度。

いつも成功する子になるために才能は必要ありません。

正しいアプローチをとれば、どんな子どもでも必ずなることができます。

ぜひ、参考にしてみてください!

____________________

知的好奇心に火をつけ、自ら意欲的に学ぶ子を育てる個別指導塾
スイングアカデミー

こちらから登録!

【無料相談・体験授業 受付中!】

「勉強しなさい!」と言わずに、
子どもが毎日自分から勉強するようになる
「自学自習支援付き個別指導コース」

https://yarukiup.hp.peraichi.com/

(オンライン対応、全国で受講できます!)


「小中高個別指導&MM学童コース」
https://swing-jyuku.jp

【無料相談・体験申込はこちら!】
https://swing-jyuku.jp/taiken/