個別指導塾スイング高校生コース|定期テスト・授業・大学受験対策

定期テスト対策から大学受験対策まで

個別指導塾スイングの
高校生コース

HOME > コース紹介 > 個別指導スイングの高校生コース

高校生コースでは、生徒の現状学力と、志望を踏まえて、生徒の希望を最短で実現する個別指導になります。具体的には、偏差値30からでも東大・早慶をはじめとする難関大学に合格させる「大学受験個別指導コースと、高校の内申点・定期試験で高得点を目指す「定期テスト対策コースを用意しております。

特に偏差値30からでも着実に難関大学に合格させる「大学受験個別指導コース」は、その名の通り、偏差値50以下からでも東大・京大・早慶・横国・横市・GMARCHに逆転合格できるスペシャルプログラムです。

難関大学合格に大事なことは2つあります。
1つ目は、【正しい勉強法と大学受験戦略をもつ】こと。
2つ目はやはり学校の勉強も、しっかりモノにすることにあり【学校の勉強をしっかりとする】ことです。

1.正しい勉強法と大学受験戦略をもつ

高校部の大学受験個別指導は、7万部突破ベストセラー『9割受かる勉強法』(ダイヤモンド社)の著者、松原一樹氏監修のプログラムで学びます。

松原氏は大学受験本で3年連続売上No.1を記録した大学受験戦略の第一人者。過去10年で最も売れた勉強法の著者でもあります。

大手予備校の第一志望大学合格率は平均約15%と言われるなか、松原氏は業界をはるかに上回る高い合格実績です。
現在、松原氏のカリキュラムをリアルな教室で少人数で学ぶことができるのは個別指導塾スイングのみです。

Point.1
「9割受かる勉強法」の合格実績一例(参考:大手予備校の第一志望大学合格率は平均約15%)

「9割受かる勉強法」は大手予備校の第一志望合格率15%をはるかに凌ぐ合格実績です。その理由は生徒一人ひとりを最短で志望大学合格に導くために正しい勉強法を指導しているからです。

  • 東大文系
    51%
    (34名中17名合格)
  • 京大理系
    70%
    (10名中7名合格)
  • 一橋大
    55%
    (45名中25名合格)
  • 名古屋大
    79%
    (31名中24名合格)
  • 大阪大文系
    75%
    (29名中22名合格)
  • 九州大
    77%
    (67名中52名合格)
  • 慶應SFC
    63%
    (60名中38名合格)
  • 慶應大商
    60%
    (55名中33名合格)
  • 早稲田大人間科学
    72%
    (88名中63名合格)
  • 早稲田大スポ科
    89%
    (9名中8名合格)
  • 早稲田大文化構想
    79%
    (19名中15名合格)
  • 早稲田大法学部
    61%
    (90名中55名合格)
  • 明治大全学部
    70%
    (276名中193名合格)
  • 青山学院大
    67%
    (303名中202名合格)

早期スタートは、さらに合格できる大学ランキングと合格率が高まります。
高1ならば、偏差値30台でも東大、京大、横国、早慶など合格率は90%。
高2ならば、偏差値30台でも早慶合格率は90%。
高3ならば、偏差値30台でもGMARCH合格率は90%。

成績を上げるためには勉強の質が重要です。生徒は自分の勉強方法に凝り固まっていることが多々ありますので、最短で成績が上がり第一志望大学に合格できる「9割受かる勉強法」を指導します。

なお、生徒は自分のやり方に凝り固まっていることが多々ありますので、大学受験の高3生であれば、週4回以上の受講だと成績が上がる確率が格段と高まります。

大手予備校の高3(浪人も含む)コースは、一斉集団指導、年間費用は100万~150万で第一志望合格率は約15%です。

それに対し、当プログラムの高3(浪人も含む)コースは、個別指導、年間費用約100万、第一志望合格率は90%以上です。

2.学校の勉強をしっかりとする

学校定期テスト対策指導は『勉強しなさいと言わずに成績が上がる!すごい学習メソッド』(永岡書店)の著者、塾長藤野雄太の学習法「すごい学習メソッド」で学びます。
「すごい学習メソッド」は全国から200名以上の塾経営者が視察に訪れる学習法で学習塾業界では日本一学校成績が上がるメソッドだと言われています。

個別指導塾スイングはNHK「ニュースシブ5時」、TBS「Nスタ」「ビビット」「オールスター感謝祭」、日テレ「スッキリ」「Oha4! News Live」など多くのテレビ番組から取材を受けています。正しい勉強法とスケジューリングにより最短で君の学校成績を上げます。

高校生コース紹介

具体的な個別指導コースに関しては以下に詳しく説明していきます。いずれのコースも、徹底的に鍛え抜かれた選りすぐりのプロ講師が、生徒の現状学力と志望に合わせて徹底的にマンツーマンで個別指導をしていくスタイルになります。

学校定期テスト対策コース

~NHK、TBS、日テレなどテレビで頻繁に取材されている塾長藤野雄太の「すごい学習メソッド」で学べるカリキュラムです~

高校に進学すると授業の科目が増え、各科目の内容も中学校以上に難しくなります。したがって定期テストで高得点を取るためには自ら学習計画を立て、自ら学ぶ「自立学習能力」が必要となります。定期テスト対策コースでは学校の定期テストにあわせて生徒が自ら勉強スケジュールを立てる能力を養い、定期テストで高得点をとることを目的とします。

偏差値30からでも着実に東大・早慶などの
難関大学に合格させる「大学受験個別指導コース」

~大学受験戦略の第一人者、7万部突破ベストセラー『9割受かる勉強法』(ダイヤモンド社)の著者、松原一樹氏監修のカリキュラムで学べるスペシャルプログラム~

国公立絶対合格個別指導コース

東大、京大、東工大、横国、横市などの難関国公立大に現役合格するためには英数国の攻略がポイントです。とくにまだ偏差値が50以下の場合は、5科目全てをやるのではなく3科目にしぼって勉強することで比較的早く成績を上げることができます。高1からスタートすれば難関国公立大に80%以上の確率で合格が可能です(ただし文系に限る。理系に関しては個別に状況を伺い、ご回答いたします。お気軽にお問い合わせください)。

早慶絶対合格個別指導コース

早慶は特に英語の配点が高く、また難易度も高いため、英語の習熟度がカギになります。特に英文読解は超長文で、内容も難しく、早めに対策が必要です。また、文系は歴史に関しても、相当な難易度でボリュームもあるため、早めに英語を仕上げた後は歴史科目に重きを置いた戦略を実行していく必要があります。あるいは、理系の場合は数学と理科の対策も相当なボリュームになり、少なくとも数学に関しては高3浪人生の7月までに一通り数3までの学習を終えないといけないケースが多く、緻密な受験戦略と学習が求められます。

Gmarch絶対合格個別指導コース

Gmarchも英語に重点を置く大学が多く、また難易度も一部は早稲田レベルに相当する学部もあるため、早慶同様に英語の習熟度がカギになります。特に英文読解は長文化の傾向があり、内容も抽象的で難しく感じる問題が出題されます。また、文系は歴史・地理に関しても、相当な難易度でボリュームもあるため、早めに英語を仕上げた後は社会に重きを置いた戦略を実行していく必要があります。あるいは、理系の場合は数学と理科の対策も相当なボリュームになり、少なくとも数学に関しては高3浪人生の9月までに一通り数3までの学習を終えないといけないケースが多く、緻密な受験戦略と学習が求められます。

日東駒専絶対合格個別指導コース

日東駒専、特に日本大学の英語はかなり解きごたえがあり、しっかり対策しないと得点できにくい傾向があり、また歴史に関してはその難易度は早稲田レベルに相当する学部も多いです。そのため、早慶・Gmarch対策と同様に、早めに英語を仕上げた後は社会に重きを置いた戦略を実行していく必要があります。

高1・高2から確実に横浜国大・横浜市大を目指すコース

横浜国立大学は、問題の難易度は非常に高いが、無理難題ではなく、しっかり対策すれば着実に対策が出来る大学です。そのため、高1からしっかり対策すれば、相当な確率で現役合格を目指すことが可能です。本コースは、高1から着実に横浜国立大学、横浜市立大学に合格されたい人に向けた特設のコースになります。特に英語は、高度な内容の出題がなされ、難解な英文読解の対策は当然ながら、科学や経済を話題とした文章にも慣れていく必要があり、相当な背景知識を必要とします。また数学も、文系としては最難関と言える出題があり、分析力も相当なレベルで要求されます。

教室見学・無料体験はこちらから